社葬を行う意義

会社組織を通して「葬儀」を考えると、それは様々な意味合いを持つ言葉となります。社を挙げて企業の功労者を追悼し偲ぶことは、故人への何よりの供養となり、弔う社員にとっては志を受継ぎ決意を新たにする場となるでしょう。

  • 亡くなった功労者と社内外の関係者が
    「想い」を整理する
  • 後継者・その企業との今後の関係や
    「絆」を確認する
  • バトンタッチを後継者が
    社内外の関係者の前で宣言する

こういった社葬・お別れの会は、法務や税務の対応策と同様に、事前の準備がとても大切になります。
逝去から一か月後に行うことが通例ですから、
準備期間としては短期間で慌ただしく
「企業の人的損失の危機にどう対処するか?」危機管理の対象として捉えましょう。
公益社は、その問題解決を支援する専門家集団です。

24時間365日受付 公益社の社葬デスク
  • 社葬・お別れの会のお問合せ/ご相談
  • セミナーのお問合せ/お申込み
  • 至急の対応/すぐに来てほしい
0120-641-480

匿名でも構いません。社葬のプロがお応えします。

メールでのお問合せ

社葬の知識を豊富に身に着け実務の経験が豊富な秘書・総務・担当者様は年々減少しつつあります。

人事異動が盛んな企業・会社では特に、知識を身につけて必要性を感じ始めた頃に異動になってしまうこともあり、ナレッジやノウハウが浸透しない状態で後任にバトンタッチすることも珍しくないでしょう。
しかし、いつ何時にその知識が実務と化すかは誰にも予測ができないものです。
転ばぬ先の杖として社葬について最低限のポイントをおさえておく必要性があり、その知識を持って社葬やお別れの会を経験することで社内外ともに貴重な存在として一目置かれるようになります。
反対に何も知識や準備がない状態で、いざという時を迎えることを想像してみましょう。
秘書・総務・担当者様にとって、これほどの重責を背負って望む場面が突然に来てしまったら…。その後の人生にも影響するかもしれない一大事となることでしょう。
そのような時でも、冷静に立ち回るためには日常の訓練が大切になります。

公益社が開催している社葬・お別れの会セミナーでは、事前の準備からご逝去時の行動および注意する点をはじめ、当日までのスケジュール管理の仕方や各種手配の方法など公私ともに実際に役に立つ内容が満載です。
社葬・お別れの会・合同葬の基礎知識を身に着けて不測の事態に備えておきましょう。

通話無料24時間365日受付 0120-641-480

トップに戻る