社葬の知恵袋

重ね言葉・忌み言葉

日本の慣習から、弔事に使うのは避けたほうがよい言葉がいくつかあります。

お悔みを受付で述べる際に気を付けるべき忌み言葉

重ね言葉・忌み言葉は日本の慣習からきています。
車のナンバーや病室番号に「死」につながる4や「苦」につながる9を使わない、などの語呂合わせは有名ですが、重ね言葉は、「不幸を重ねる」につながるということから、避けるべき言葉です。
たびたび かさねがさね いよいよ くれぐれも 再び・・・など。
また、宗教的な言葉は他の宗旨・宗派で使用しないよう配慮が必要です。「冥福を祈る」という言い方は仏教的であるなどの考えもあります。
ただし、あまり気にしすぎて何も言えなくなってしまうのも考えものです。最低限のマナーをおさえて、心を込めて言葉をかけることが大切です。

24時間365日受付 公益社の社葬デスク
  • 社葬・お別れの会のお問合せ/ご相談
  • セミナーのお問合せ/お申込み
  • 至急の対応/すぐに来てほしい
0120-641-480
メールでのお問合せ まずはご相談

社葬・お別れの会セミナーのご案内

リスクマネジメントの一環として、
社葬・お別れの会セミナーへの参加をおすすめします

セミナー開催予定はこちら

セミナーにご参加いただいた方に

社葬運営のポイントを分かりやすくまとめた「社葬・お別れの会ガイド」を差し上げます。

社葬・お別れの会ガイド・送付資料一式
24時間365日受付 公益社の社葬デスク
  • 社葬・お別れの会のお問合せ/ご相談
  • セミナーのお問合せ/お申込み
  • 至急の対応/すぐに来てほしい
0120-641-480
メールでのお問合せ まずはご相談

公益社社葬デスク

匿名でも構いません。
社葬のプロがお答えいたします。

  • 社葬・お別れの会のお問合せ/ご相談
  • セミナーのお問合せ/お申込み
  • 至急の対応/すぐに来てほしい

通話無料24時間365日受付 0120-641-480

トップに戻る