社葬の知恵袋

葬儀委員長はどのように決めたらいいの?

葬儀委員長や喪主が社葬時につける喪章

葬儀委員長(社葬の場合は『葬儀委員長』、お別れの会であれば『お別れの会委員長』になります。)は、故人が社長の場合は会長・次期社長がなり、社長以外(会長、役員、社員)の場合は社長がつとめるのが一般的です。
重要な役職に就かれている方など、影響力の強い方がお亡くなりになった場合、社内外に対して大きな不安を与えることになります。社葬を滞りなく行うことで取引先などにその不安を払拭させる印象を与えるのも葬儀委員長の役割のひとつとなりますので、新体制での最高責任者、または、周囲の方々が納得できるような方を選任する必要があります。
社外の方にお願いする場合は、公的立場の議員(加盟組合連合会などの会長、国会議員、市長)、重要取引先の会長・社長などに依頼します。

公益社では、葬儀委員長を選ぶ際のポイント、注意点についてもアドバイスいたしますので、ご相談ください。

知恵袋にある関連記事

あわせて読みたいサイト内のコンテンツ

24時間365日受付 公益社の社葬デスク
  • 社葬・お別れの会のお問合せ/ご相談
  • セミナーのお問合せ/お申込み
  • 至急の対応/すぐに来てほしい
0120-641-480
メールでのお問合せ まずはご相談

社葬・お別れの会セミナーのご案内

リスクマネジメントの一環として、
社葬・お別れの会セミナーへの参加をおすすめします

セミナー開催予定はこちら

セミナーにご参加いただいた方に

社葬運営のポイントを分かりやすくまとめた「社葬・お別れの会ガイド」を差し上げます。

社葬・お別れの会ガイド・送付資料一式
24時間365日受付 公益社の社葬デスク
  • 社葬・お別れの会のお問合せ/ご相談
  • セミナーのお問合せ/お申込み
  • 至急の対応/すぐに来てほしい
0120-641-480
メールでのお問合せ まずはご相談

公益社社葬デスク

匿名でも構いません。
社葬のプロがお答えいたします。

  • 社葬・お別れの会のお問合せ/ご相談
  • セミナーのお問合せ/お申込み
  • 至急の対応/すぐに来てほしい

通話無料24時間365日受付 0120-641-480

トップに戻る