社葬の知恵袋

合同葬の日程は、どのように決めたらいいの?

ご遺族と会社、会場や火葬場の空き状況や宗教者のスケジュール

密葬と社葬を同時に行う合同葬の日程は、ご遺族、会社、会場、火葬場・宗教者などの都合を調整して決定します。
亡くなられてから合同葬までの間に、多くのことを決めたり行ったりする必要があるため、可能な限り日数を設けることが滞りない合同葬に繋がります。亡くなられてから2~4日間ほど空けて行うのがよいでしょう。ご遺体にエンバーミングを施しますと、ご遺体を長期間にわたって保つことができるため、安心して対応できることと思います。

公益社では、数多くの実績による豊富な経験を元に、短期間の準備でもスムーズに合同葬が行えるよう、お手伝いいたします。

知恵袋にある関連記事

あわせて読みたいサイト内のコンテンツ

24時間365日受付 公益社の社葬デスク
  • 社葬・お別れの会のお問合せ/ご相談
  • セミナーのお問合せ/お申込み
  • 至急の対応/すぐに来てほしい
0120-641-480
メールでのお問合せ まずはご相談

社葬・お別れの会セミナーのご案内

リスクマネジメントの一環として、
社葬・お別れの会セミナーへの参加をおすすめします

セミナー開催予定はこちら

セミナーにご参加いただいた方に

社葬運営のポイントを分かりやすくまとめた「社葬・お別れの会ガイド」を差し上げます。

社葬・お別れの会ガイド・送付資料一式
24時間365日受付 公益社の社葬デスク
  • 社葬・お別れの会のお問合せ/ご相談
  • セミナーのお問合せ/お申込み
  • 至急の対応/すぐに来てほしい
0120-641-480
メールでのお問合せ まずはご相談

公益社社葬デスク

匿名でも構いません。
社葬のプロがお答えいたします。

  • 社葬・お別れの会のお問合せ/ご相談
  • セミナーのお問合せ/お申込み
  • 至急の対応/すぐに来てほしい

通話無料24時間365日受付 0120-641-480

トップに戻る