社葬の知恵袋

訃報の連絡は、深夜でも行うべき?

危篤や逝去の際の深夜の電話連絡

状況・時間帯による絞込みが必要です。危篤時・逝去時などに分け連絡網の整備を行いましょう。
何時でも連絡する方、夜が明けてから行う方などを明確にしておくと迷わずに行動できます。また、宗教により危篤時から連絡が必要な場合や深夜に連絡することを迷惑に感じる場合など、微妙な関係がありますので事前に確認しておくことをおすすめします。

公益社では緊急連絡網の作成からお手伝いいたしますので、ご相談ください。

24時間365日受付 公益社の社葬デスク
  • 社葬・お別れの会のお問合せ/ご相談
  • セミナーのお問合せ/お申込み
  • 至急の対応/すぐに来てほしい
0120-641-480
メールでのお問合せ まずはご相談

社葬・お別れの会セミナーのご案内

リスクマネジメントの一環として、
社葬・お別れの会セミナーへの参加をおすすめします

セミナー開催予定はこちら

セミナーにご参加いただいた方に

社葬運営のポイントを分かりやすくまとめた「社葬・お別れの会ガイド」を差し上げます。

社葬・お別れの会ガイド・送付資料一式
24時間365日受付 公益社の社葬デスク
  • 社葬・お別れの会のお問合せ/ご相談
  • セミナーのお問合せ/お申込み
  • 至急の対応/すぐに来てほしい
0120-641-480
メールでのお問合せ まずはご相談

公益社社葬デスク

匿名でも構いません。
社葬のプロがお答えいたします。

  • 社葬・お別れの会のお問合せ/ご相談
  • セミナーのお問合せ/お申込み
  • 至急の対応/すぐに来てほしい

通話無料24時間365日受付 0120-641-480

トップに戻る