社葬の知恵袋

供花や香典は受けなければならないの?

弔意を示す方法として、仏式の葬儀において一般的な慣習であるお香典

お香典は最近は辞退するケースが多いようです。供花は拝受辞退様々ですが、辞退する旨を、訃報広告や案内通知状などでお知らせする必要があります。
香典も供花も辞退してしまうと、関係者の方々が弔意を形に表す事が難しくなってしまいます。また、供花が無いと会場の雰囲気も淋しくなってしまうので、供花の辞退には十分な考慮が必要です。

供花を受けると並び順などが大変、トラブルが心配・・・という理由で辞退されるケースもよく耳にしますが、公益社では担当者様のご負担をできる限り軽減するお手伝いをさせていただきますので、ご相談ください。

知恵袋にある関連記事

24時間365日受付 公益社の社葬デスク
  • 社葬・お別れの会のお問合せ/ご相談
  • セミナーのお問合せ/お申込み
  • 至急の対応/すぐに来てほしい
0120-641-480
メールでのお問合せ まずはご相談

社葬・お別れの会セミナーのご案内

リスクマネジメントの一環として、
社葬・お別れの会セミナーへの参加をおすすめします

セミナー開催予定はこちら

セミナーにご参加いただいた方に

社葬運営のポイントを分かりやすくまとめた「社葬・お別れの会ガイド」を差し上げます。

社葬・お別れの会ガイド・送付資料一式
24時間365日受付 公益社の社葬デスク
  • 社葬・お別れの会のお問合せ/ご相談
  • セミナーのお問合せ/お申込み
  • 至急の対応/すぐに来てほしい
0120-641-480
メールでのお問合せ まずはご相談

公益社社葬デスク

匿名でも構いません。
社葬のプロがお答えいたします。

  • 社葬・お別れの会のお問合せ/ご相談
  • セミナーのお問合せ/お申込み
  • 至急の対応/すぐに来てほしい

通話無料24時間365日受付 0120-641-480

トップに戻る