社葬の知恵袋

訃報記事と訃報広告

新聞に掲載される訃報の告知には、「訃報記事」と「訃報広告」があります。

おくやみ欄に訃報が掲載される新聞

訃報記事

「訃報記事」は、新聞社がリリース情報などをもとに掲載するもので、多くは社会欄に掲載されます。掲載するか否かは新聞社の判断によります。「記事」であり無料です。

《新聞訃報記事例》
訃報記事

訃報広告

一方、「訃報広告」は黒枠広告やおくやみ広告などとも言われ、掲載スペースや掲載紙により料金が異なります。案内状による特定の方への案内以外にも広範囲に社葬の案内を告知する際には、こちらの広告を利用します。亡くなった方のお名前と社葬やお別れの会の日程、場所、主催企業、喪主・葬儀委員長等について明記します。

《新聞訃報広告例》
03訃報広告(青山お別れの会)

公益社では訃報広告の制作や手配を承ります。詳しくはお問合せください。

知恵袋にある関連記事

24時間365日受付 公益社の社葬デスク
  • 社葬・お別れの会のお問合せ/ご相談
  • セミナーのお問合せ/お申込み
  • 至急の対応/すぐに来てほしい
0120-641-480
メールでのお問合せ まずはご相談

社葬・お別れの会セミナーのご案内

リスクマネジメントの一環として、
社葬・お別れの会セミナーへの参加をおすすめします

セミナー開催予定はこちら

セミナーにご参加いただいた方に

社葬運営のポイントを分かりやすくまとめた「社葬・お別れの会ガイド」を差し上げます。

社葬・お別れの会ガイド・送付資料一式
24時間365日受付 公益社の社葬デスク
  • 社葬・お別れの会のお問合せ/ご相談
  • セミナーのお問合せ/お申込み
  • 至急の対応/すぐに来てほしい
0120-641-480
メールでのお問合せ まずはご相談

公益社社葬デスク

匿名でも構いません。
社葬のプロがお答えいたします。

  • 社葬・お別れの会のお問合せ/ご相談
  • セミナーのお問合せ/お申込み
  • 至急の対応/すぐに来てほしい

通話無料24時間365日受付 0120-641-480

トップに戻る