社葬の知恵袋

宗教ごとのお葬式の特徴

宗教ごとにお葬式のかたちも様々です。仏式・キリスト教式・神式のほか、無宗教式についてもご紹介します。

故人とお別れをし、お身体を荼毘にふすまでの一連の儀式である「お葬式」のかたちは、宗教や宗派や地域によりやり方が異なります。ここでは、日本で多くみられる仏教式のお葬式のほか、キリスト教式、神式の場合と、無宗教のお葬式についてもその特徴や流れをご案内いたします。

仏式(通夜・葬儀・告別式)

通夜

かつて人々は家族が死ぬと、一定期間、まるで生きているか のように、食事を出すなどの世話をしていました。その習慣を殯と言いますが、通夜はこの殯の遺習であるとも言われています。
最近では、通夜の弔問客が告別式の参列者より多くなる傾向があるため、告別式並に営まれることも多くなってきました。僧侶の読経と弔問客の焼香が行われた後は、弔問客に対して 通夜ぶるまいがあります。

葬儀・告別式

葬儀は、故人の成仏と冥福を祈る宗教的儀式です。それに対して告別式は、故人の友人や知人が最後のお別れをする社会的な儀式なので本来は別のものですが、昨今は続けて行うことが一般的です。

「社葬」はお葬式の「告別式」を切り離したもの
「社葬(本葬)」は機能的には、お葬式(密葬)の「葬儀(死者をこの世からあの世へ引き渡す宗教的な儀礼)・告別式(社会と故人がお別れをする社会的な儀礼)」の「告別式」部分を切り離して日を改めて執り行うものだと考えられます。社葬においては密葬に比べると宗教色を出さずに行うことが多く、無宗教式の場合に「お別れの会」と称する傾向があります。

キリスト教式(通夜・葬儀)

カトリック

通夜の祈り

神父が棺や祭壇の周りに香を振りかけ、そのあとに遺族や参列者が献花を行います。また式の後には、通夜振る舞いの替わりに軽食がふるまわれます。

葬儀ミサ

「開祭」「言葉の典礼」「感謝の典礼」「告別の葬送」の4部で構成されることが一般的です。

プロテスタント

前夜祭

讃美歌斉唱や聖書の朗読、お祈り、説教、献花などの式の後には、通夜振る舞いの替わりに茶菓を振る舞う「偲ぶ会」を開くのが一般的です。

葬儀式

故人の冥福を祈り、神への礼拝を行います。牧師の説教で故人の人生を振り返り、祝祷で遺族や参列者に紙の祝福があることを祈ります。

神式(通夜祭・遷霊祭・葬場祭)

通夜祭

手水の儀(ちょうずのぎ)

身を清めるための儀式です。桶の水をひしゃくですくって、左手に3回、右手に3回そそぎます。次に左手で水を受けて口をすすぎ、もう一度左手にそそいでひしゃくを戻します。

遷霊祭(せんれいさい)

通夜祭に続き「遷霊祭」を行います。「みたまうつし」ともいい、仏式の位牌に当たる霊璽(れいじ)に、式場のあかりを消して死者の霊を移すための儀式です。

葬場祭(そうじょうさい)

神道では、仏式の葬儀・告別式に当たるものを「葬場祭」といいます。お参りは焼香ではなく玉串奉奠を行います。

無宗教式

昨今では、宗教儀礼にとらわれずに行うお葬式も増えてきました。進行や内容を自由に設定できますが、一方でその自由さゆえに参列者に戸惑いを生じることもありますので、全体のプログラムを作成するなどして計画する必要があります。
故人の好きだった音楽をBGMにする、思い出の写真や動画を再生する、故人を中心に皆で語らいながらお別れをするなど、さまざまな形でとりおこなうことができます。
社葬においては宗教色を配した無宗教の形式で執り行われることも少なくありません。お参りは献花で行い、式典がある場合とない場合があります。

知恵袋にある関連記事

24時間365日受付 公益社の社葬デスク
  • 社葬・お別れの会のお問合せ/ご相談
  • セミナーのお問合せ/お申込み
  • 至急の対応/すぐに来てほしい
0120-641-480
メールでのお問合せ まずはご相談

社葬・お別れの会セミナーのご案内

リスクマネジメントの一環として、
社葬・お別れの会セミナーへの参加をおすすめします

セミナー開催予定はこちら

セミナーにご参加いただいた方に

社葬運営のポイントを分かりやすくまとめた「社葬・お別れの会ガイド」を差し上げます。

社葬・お別れの会ガイド・送付資料一式
24時間365日受付 公益社の社葬デスク
  • 社葬・お別れの会のお問合せ/ご相談
  • セミナーのお問合せ/お申込み
  • 至急の対応/すぐに来てほしい
0120-641-480
メールでのお問合せ まずはご相談

公益社社葬デスク

匿名でも構いません。
社葬のプロがお答えいたします。

  • 社葬・お別れの会のお問合せ/ご相談
  • セミナーのお問合せ/お申込み
  • 至急の対応/すぐに来てほしい

通話無料24時間365日受付 0120-641-480

トップに戻る