社葬の知恵袋

弔辞を依頼されたら

弔辞は故人へおくる最期のお別れの言葉といえます。

奉書に墨でしたためられた弔辞

弔辞は故人へおくる最期のお別れの言葉です。
複数名の弔辞奉読者が依頼されている場合がありますので、自分がどういった立場で読むのかを確認し、それぞれの内容が重複しないよう注意しましょう。
内容としては、故人を偲び、経歴や業績を称え、感謝と悲しみの気持ちを表します。長さは、原稿用紙に2~3枚程度(1,000文字前後)が目安です。
当日は奉書にしたためたものを持参し、式典の場で遺影や祭壇に向かって読み上げることが多いです。

11弔辞文03

公益社では、内容や長さについて豊富な文例をご覧いただきながらアドバイスいたします。また奉書への清書も承っております。どうぞご相談ください。

知恵袋にある関連記事

24時間365日受付 公益社の社葬デスク
  • 社葬・お別れの会のお問合せ/ご相談
  • セミナーのお問合せ/お申込み
  • 至急の対応/すぐに来てほしい
0120-641-480
メールでのお問合せ まずはご相談

社葬・お別れの会セミナーのご案内

リスクマネジメントの一環として、
社葬・お別れの会セミナーへの参加をおすすめします

セミナー開催予定はこちら

セミナーにご参加いただいた方に

社葬運営のポイントを分かりやすくまとめた「社葬・お別れの会ガイド」を差し上げます。

社葬・お別れの会ガイド・送付資料一式
24時間365日受付 公益社の社葬デスク
  • 社葬・お別れの会のお問合せ/ご相談
  • セミナーのお問合せ/お申込み
  • 至急の対応/すぐに来てほしい
0120-641-480
メールでのお問合せ まずはご相談

公益社社葬デスク

匿名でも構いません。
社葬のプロがお答えいたします。

  • 社葬・お別れの会のお問合せ/ご相談
  • セミナーのお問合せ/お申込み
  • 至急の対応/すぐに来てほしい

通話無料24時間365日受付 0120-641-480

トップに戻る