社葬の知恵袋

合同葬の費用は全額を会社が負担できる?

 

合同葬の費用を企業がどのように負担するかの算出

故人に直接かかわる部分、例えば、火葬料や骨壷などは遺族の負担すべきものとされています。これらの費用を会社が支払ったとしても、社葬費用として損金処理する事はできません。

社葬費用として認められる項目、そうでない項目は社会通念上の考えに基づき線引きが行われますが、解釈が難しい面もあるので、公益社にご相談ください。

知恵袋にある関連記事

あわせて読みたいサイト内のコンテンツ

24時間365日受付 公益社の社葬デスク
  • 社葬・お別れの会のお問合せ/ご相談
  • セミナーのお問合せ/お申込み
  • 至急の対応/すぐに来てほしい
0120-641-480
メールでのお問合せ まずはご相談

社葬・お別れの会セミナーのご案内

リスクマネジメントの一環として、
社葬・お別れの会セミナーへの参加をおすすめします

セミナー開催予定はこちら

セミナーにご参加いただいた方に

社葬運営のポイントを分かりやすくまとめた「社葬・お別れの会ガイド」を差し上げます。

社葬・お別れの会ガイド・送付資料一式
24時間365日受付 公益社の社葬デスク
  • 社葬・お別れの会のお問合せ/ご相談
  • セミナーのお問合せ/お申込み
  • 至急の対応/すぐに来てほしい
0120-641-480
メールでのお問合せ まずはご相談

公益社社葬デスク

匿名でも構いません。
社葬のプロがお答えいたします。

  • 社葬・お別れの会のお問合せ/ご相談
  • セミナーのお問合せ/お申込み
  • 至急の対応/すぐに来てほしい

通話無料24時間365日受付 0120-641-480

トップに戻る