社葬の知恵袋

社葬参列時の服装

案内状に書いてある「平服」とは?社葬やお別れの会に参列する際の服装についてご案内します。

ホテルのお別れの会で献花の列に並ぶダークスーツの参列者

一般のお葬式においては、通夜・葬儀とも、もともとは遺族が喪に服していることを意味する「喪服」を着ることも多くなっていますが、社葬やお別れの会の場合には、案内状に「平服でお越しください」と記載されていることがあります。遺族や主催者はモーニングなどの正装であることが多いですが、参列者は喪服や礼服ではなく「平服」でよいとすることが一般的です。この平服についてもいろいろな解釈がありますが、男性は黒や紺、ダークグレーのスーツに白ワイシャツ、ネクタイは地味目のものがよいでしょう。女性は控えめな色のスーツやワンピースなどきちんとした服装で、光るアクセサリーなどははずしておきましょう。

参列の服装男女

参列の服装やマナーについて、不明点がございましたらどうぞ公益社へお問合せください。状況に応じた服装や振る舞いについてご案内いたします。

知恵袋にある関連記事

24時間365日受付 公益社の社葬デスク
  • 社葬・お別れの会のお問合せ/ご相談
  • セミナーのお問合せ/お申込み
  • 至急の対応/すぐに来てほしい
0120-641-480
メールでのお問合せ まずはご相談

社葬・お別れの会セミナーのご案内

リスクマネジメントの一環として、
社葬・お別れの会セミナーへの参加をおすすめします

セミナー開催予定はこちら

セミナーにご参加いただいた方に

社葬運営のポイントを分かりやすくまとめた「社葬・お別れの会ガイド」を差し上げます。

社葬・お別れの会ガイド・送付資料一式
24時間365日受付 公益社の社葬デスク
  • 社葬・お別れの会のお問合せ/ご相談
  • セミナーのお問合せ/お申込み
  • 至急の対応/すぐに来てほしい
0120-641-480
メールでのお問合せ まずはご相談

公益社社葬デスク

匿名でも構いません。
社葬のプロがお答えいたします。

  • 社葬・お別れの会のお問合せ/ご相談
  • セミナーのお問合せ/お申込み
  • 至急の対応/すぐに来てほしい

通話無料24時間365日受付 0120-641-480

トップに戻る