社葬の知恵袋

供花を送る

お花を送ることは、あらゆる国や宗教で共通の弔意の表し方です。供花を送る際の注意点についてご説明します。

社葬式場の外に並べて飾られた芳名板と多くの供花

供花は弔電とともに弔意の表し方として一般的に行われています。ただし、社葬やお別れの会、合同葬においては、供花を辞退していることもありますので注意しましょう。

手配先は、葬儀を請け負う葬儀社へ確認しましょう。通常その葬儀社が一括して窓口となっています。
自社のお付き合い先の生花店へ依頼を検討している場合には、他店の供花を受付けているかについての確認が必要です。窓口の葬儀社が取りまとめている場合、ご遺族の意向や祭壇のデザインに沿って供花の花材や規格をコーディネートしており、価格も統一していることが多いです。
供花には通常、送り主の名前が記載された札を付けて飾られますが、昨今では芳名版といって、札とお花を別々に飾る場合もあります。供花の注文の際にはこの記載についても聞かれますので、代理で依頼する際には肩書や漢字に間違いがないよう注意が必要です。また数については、一対(いっつい)と一基(いっき)で間違えやすいのではっきりと伝えましょう。

知恵袋にある関連記事

24時間365日受付 公益社の社葬デスク
  • 社葬・お別れの会のお問合せ/ご相談
  • セミナーのお問合せ/お申込み
  • 至急の対応/すぐに来てほしい
0120-641-480
メールでのお問合せ まずはご相談

社葬・お別れの会セミナーのご案内

リスクマネジメントの一環として、
社葬・お別れの会セミナーへの参加をおすすめします

セミナー開催予定はこちら

セミナーにご参加いただいた方に

社葬運営のポイントを分かりやすくまとめた「社葬・お別れの会ガイド」を差し上げます。

社葬・お別れの会ガイド・送付資料一式
24時間365日受付 公益社の社葬デスク
  • 社葬・お別れの会のお問合せ/ご相談
  • セミナーのお問合せ/お申込み
  • 至急の対応/すぐに来てほしい
0120-641-480
メールでのお問合せ まずはご相談

公益社社葬デスク

匿名でも構いません。
社葬のプロがお答えいたします。

  • 社葬・お別れの会のお問合せ/ご相談
  • セミナーのお問合せ/お申込み
  • 至急の対応/すぐに来てほしい

通話無料24時間365日受付 0120-641-480

トップに戻る