社葬の知恵袋

香典・供物を送る

一般の葬儀で香典や供物を送る際の注意点についてお伝えします。

香典と数珠

香典は故人への弔意表現であり、かつては相互扶助として食糧による香典もありました。現在ではお金を包んでお供えするのが一般的です。
香典の額は地域の風習や年齢、故人との関係などにもよりますが、近隣の方などが三千円~、 一般の会葬者(友人・知人・勤務先の上司や同僚など)は五千円~、親類は一万円~と言われています。不祝儀袋に入れ、ふくさで包んで持参します。社葬やお別れの会では辞退していることが多く、最近では一般の葬儀でも香典辞退のケースがありますが、不明な場合には持参しておくとよいでしょう。
供物も弔意表現として故人に供えるもので、線香やロウソク、果物や缶詰などが一般的です。通夜までに手配しましょう。葬儀の形式や遺族の意向もあるので、贈る際には葬儀社や遺族に事前に確認しておくのがよいでしょう。

知恵袋にある関連記事

あわせて読みたいサイト内のコンテンツ

24時間365日受付 公益社の社葬デスク
  • 社葬・お別れの会のお問合せ/ご相談
  • セミナーのお問合せ/お申込み
  • 至急の対応/すぐに来てほしい
0120-641-480
メールでのお問合せ まずはご相談

社葬・お別れの会セミナーのご案内

リスクマネジメントの一環として、
社葬・お別れの会セミナーへの参加をおすすめします

セミナー開催予定はこちら

セミナーにご参加いただいた方に

社葬運営のポイントを分かりやすくまとめた「社葬・お別れの会ガイド」を差し上げます。

社葬・お別れの会ガイド・送付資料一式
24時間365日受付 公益社の社葬デスク
  • 社葬・お別れの会のお問合せ/ご相談
  • セミナーのお問合せ/お申込み
  • 至急の対応/すぐに来てほしい
0120-641-480
メールでのお問合せ まずはご相談

公益社社葬デスク

匿名でも構いません。
社葬のプロがお答えいたします。

  • 社葬・お別れの会のお問合せ/ご相談
  • セミナーのお問合せ/お申込み
  • 至急の対応/すぐに来てほしい

通話無料24時間365日受付 0120-641-480

トップに戻る