「お別れの言葉」「弔辞」の書き方:原稿の構成とルールとは?

お別れの会の知恵袋

「お別れの言葉」「弔辞」の書き方:原稿の構成とルールとは?

「お別れの言葉」や「弔辞」の書き方について、原稿構成や作成上のマナー、読み上げにおける注意点などをご紹介します。

「弔辞」「お別れの言葉」の書き方:弔辞原稿の構成とルールとは?

「お別れの言葉」や「弔辞」原稿の基本構成

お別れの会での「お別れの言葉」(社葬では「弔辞」)には、構成や内容について厳格な決まりはありませんが、一般的な流れとしては以下のような内容を話すことが多いです。

●お悔やみの挨拶:故人の冥福を祈る言葉や残された者の所感
●故人の経歴や功績に関する内容:企業創立や業績等社葬開催が相応しいと言える逸話
●故人の趣味や人柄:企業を牽引した故人の人間性に対する言葉
●今後への決意:故人への感謝の意、故人の意思を継ぐ決意
●慰めと励まし・結び:ご遺族への慰めと励ましの言葉・哀悼の言葉

企業のお別れの会における「お別れの言葉」では、生前のエピソードや故人の主義、私生活での趣味などに触れることはあるものの、著名人の「お別れの会」のような“故人に語り掛けるような口調”で読まれることはあまりありません。企業が開催する葬儀にふさわしい格式を持った言葉遣いを心がけましょう。

「お別れの言葉」の字数

お別れの言葉の原稿に数量的なルールは設けられていませんが、概ね原稿用紙2,3枚(1000字程度)の原稿を用意することが多いです。故人の功績や実際に残してきたエピソードに応じて、多少字数や時間を増減しても構いませんが、あまり長くなるのは式典の進行に支障をきたすこともあるので注意が必要です。
素晴らしい文章を用意する必要はありません。「故人を偲ぶ謙虚な心」で故人を失った悲しみを述べるように留意して、お別れの会のマナーを押えながら丁寧に作り上げるようにしましょう。

言葉遣いの基本マナー「忌み言葉」を避ける

お別れの言葉の中で故人の功績を称える言葉を述べることは多いですが、忌み言葉を使用しないように注意しましょう。
忌み言葉とは、「たびたび」「かさねがさね」「くれぐれも」や「追う」など、不幸が繰り返すようすを想起させる言葉のことです。
またお別れの会での「お別れの言葉」は通常巻紙や奉書紙に清書して、読み上げた後は霊前に供えるため、遺族や先方企業の手元に残ります。忌み言葉などを使用していないことはもちろんのこと、誤字や脱字などもないよう、原稿と清書をしっかりと確認しましょう。
公益社では、「お別れの言葉」の作成のお手伝いから清書・筆耕も承っております。どうぞご相談ください。

「お別れの言葉」を読み上げる際の注意点

式次第の中の「お別れの言葉」に要する時間は、1000字の原稿であれば5分ほどかけて読むペースが良いでしょう。
参考までに、アナウンサーの丁寧な読み上げは、1分間に300字程度を目安としています。ビジネススピーチのようにテンポよく話すということよりも、丁寧に読むことを意識しながら弔辞をささげてください。

お別れの会におけるお別れの言葉は、一般の個人葬よりも厳粛さを求められます。その一方で明確な決まりがない分、経験則や事例を元に作成しなければなりません。
お別れの言葉や弔事の原稿作成には、数多くのお別れの会をお手伝いしてきた公益社の経験をお役立てください。それぞれの企業様にとって最適な文章の作成から清書、当日の読み方についてまでトータルでお手伝いいたします。

あわせて読みたいサイト内のコンテンツ

知っておきたい 社葬の知恵袋 社葬の知恵袋を見る

社葬は一般葬とは異なることが多く正しいマナーを教えてくれる機会もありません。ここでは一般的なマナーから押さえておきたいポイントを紹介いたします。

知っておきたい!社葬の知恵袋

社葬は一般葬とは異なることが多く正しいマナーを教えてくれる機会もありません。

ここでは一般的なマナーから押さえておきたいポイントを紹介いたします。

社葬の知恵袋を見る

まずは、お気軽にご相談ください

  • お別れの会のお問合せ/ご相談
  • セミナーのお問合せ/お申込み
  • ホテルの見学ご相談

通話無料

24時間365日受付

匿名でも構いません。
お別れの会のプロがお応えいたします。

フリーダイアル 0120-641-480 深夜・早朝でもつながりますので至急の場合はまずお電話ください。 メールで問合せ

まずは、お気軽にご相談ください

  • お別れの会
    お問合せ/ご相談
  • セミナー
    お問合せ/お申込み
  • ホテルの見学
    ご相談

通話無料

24時間365日受付

匿名でも構いません。
お別れの会のプロがお応えいたします。

0120-641-480 深夜・早朝でもつながりますので至急の場合はまずお電話ください。
メールで問合せ

無料ぜひ、ご参加ください

リスクマネジメントの一環として、
「お別れの会セミナー」への参加をおすすめします!

企業弔事やお別れの会について役立つ情報をお伝えします。
利便性のよいホテルや施設で、年10回以上開催しています。
ぜひスケジュールをご確認ください。

セミナー一覧はこちらセミナー一覧はこちら
トップに戻る